ウルフギャング・ステーキハウス大阪( Wolfgang’s Steakhouse Osaka)のランチはコスパ最高!

国内

2019年4月、大阪のウルフギャング・ステーキハウス( Wolfgang’s Steakhouse Osaka)でランチを食べてきました♪
ウルフギャング・ステーキハウスは、アメリカ発の”極上ステーキ”レストランで、日本には東京(六本木、丸の内)、大阪、福岡に店舗がある他、ハワイにも店舗があります。
ディナーの時間帯にステーキを食べようとすると大きな出費を覚悟しないといけませんが、ランチコースならなんと3,900円~!!
ランチは初めてだったので、”ボリューム感はどうなんやろ…”、”安いしお肉とか少ないかも~”なんて思いながら行きましたが、全くそんなことはありませんでした!
むしろ、これからはディナーじゃなくてランチでいいやん!ってなりました♡
それでは、ウルフギャングス・テーキハウス大阪店のランチを紹介したいと思います。

 

 

スポンサーリンク

ウルフギャングス・テーキハウス大阪店( Wolfgang’s Steakhouse Osaka)

<基本情報>

〇営業時間 11:00~23:00 (ランチメニューは14:30ラストオーダー)
〇定休日 施設(ルクアイーレ)に準ずる
〇住所 大阪府大阪市北区梅田3-1-3 ルクア イーレ 10F
〇電話番号 06-6136-5658
〇アクセス JR「大阪」駅直結

〇公式サイト http://wolfgangssteakhouse.jp/osaka/

 

・レストランの予約

公式サイトからネット予約ができます。
私の場合、1週間前にHPの予約サイトを見たらすでに満席…。(GW中だったから?)
それでも「キャンセルでないかな~」とこまめにチェックしていたら、2日前に空席がでました!!
諦めなくてよかった♪

 

公式サイトのほか、「一休.comレストラン」からも予約できます。

ウルフギャング ステーキハウス 大阪店 (Wolfgang’s Steakhouse Osaka) - 大阪/ステーキ [一休.comレストラン]
上品でエレガントな空間で美味なステーキを心ゆくまで。ウルフギャング・ステーキハウスは、NYの名門ステーキハウスで40年以上活躍したウルフギャング・ズウィナー氏が独立して2004年マンハッタンに創業。こだわりのステーキの美味しさで瞬く間に繁盛店となりました。現在では、舌の肥えた美食家をも唸らす“極上ステーキハウス”として...

 

 

・ランチコース(3,900円~ +サービス料10%)

ランチコースには前菜、ステーキ、サイド、パンがついています。

前菜はサラダ、スープ、シーフード(+500円)から選べます。
ステーキもニューヨークサーロインステーキ、リブアイステーキ(+1,000円)、プティフィレミニオン(+1,500円)から選べます。
サイドはマッシュポテトとクリームスピナッチ(ほうれん草)です。
パンは4種類ありました。
意外にもパンがおいしくって、家族皆でばくばく食べていました。
写真を撮る前に、まさかの完食…。
次回来店時には忘れず撮影しよう♪

 

 

ウルフギャングサラダ

レストランの名前がついたサラダです。
エビや厚切りのベーコンがプレートいっぱいにゴロゴロ入っています。

 

 

シーフードコンボ・ツナタルタルとエビのカクテル(+500円)


甲殻類が大好きなので、私はシーフードコンボ♡
大きなエビが嬉しい!ソースはピリっとしたケチャップです。
マグロとアボカドの組み合わせは間違いなくおいしいです!

 

 

ニューヨークサーロインステーキ

ステーキが運ばれてくる前、ウェイターさんが熱々のプレートを持ってきてくれました。

焼き上がりに少し時間がかかったのか、直前に新しい熱々プレートに取り換えてくださり…、お肉に対するお店のこだわりを感じます。

 

そして、ステーキがジュージューいいながら運ばれてきました!!
油がバチバチ飛んでくるくらい、焼き立てのお肉です!
ステーキは厚切りが5切れ入っていました♪
写真では伝わりにくいかもしれませんが、なかなかのボリュームですよ~。
お肉が小さく見えるとしたら、それはお皿が大きいからなんです!
是非肉眼でこのお肉を見てください!

ちなみにステーキの焼き加減はオススメのミディアムレアでお願いしました。
外側はカリカリ!中には肉汁が…♡
赤身肉の旨味を感じます。

 

付け合わせのマッシュポテトとクリームスピナッチ(ほうれん草)も、すごく合います!
(以前ディナーで来店時は、茹でブロッコリーを注文しました。だって、クリームスピナッチの見た目がイマイチそうで…。)
クリームスピナッチ食わず嫌いしてごめんよ…、めっちゃおいしかったです!
しっかり味がついているので、ステーキのソースがわりにも◎

 

リブアイステーキ(+1,000円)

そして、こちらがリブアイステーキです。
ものすごい迫力です!骨がお皿からはみ出しています!!
ニューヨークサーロインステーキよりも脂がのっています。
こっちもおいし~♡
家で食べていたら、手で持って骨ごとかぶりつきたかったです。 そんな味。

 

 

・ランチ限定メニュー

ロコモコ(1,800円)


ランチコースの他にも、ハンバーガー、サンドウィッチ、パスタ、ロコモコなどランチ限定のメニューが色々あります。
我が家は、白米好きな子ども用にロコモコをオーダーしました♪
ハンバーグは肉感がすごいです!
ミンチ肉をそのまま固めた感じです。
日本のつなぎがたっぷり入った柔らかいハンバーグとは対照的です。
お肉好きの方は是非どうぞ。
こちらもかなりのボリュームです。(2人前位ありそう!)

 

 

・ドレスコード

ウルフギャング・ステーキハウスには「スマートカジュアル」というドレスコードがあります。
HPには、”男性のタンクトップ、短パン、サンダルでのご利用はお控えください”とありましたので、夏場に行かれる方は注意してくださいね。

 

私が訪れた際、男性はジャケット着用率がかなり高かったです。

私自身、ルクアイーレに入っているから…と油断してカジュアルな服装で行ってしまいましたが、お店はかなり高級感のある雰囲気です!
参考までに。

 

 

・さいごに

ウルフギャング・ステーキハウス大阪店( Wolfgang’s Steakhouse Osaka)いかがでしたか?
ランチコースは前菜、ステーキ、サイドにパンもたっぷり付いていて、しっかり満腹になりました。
こんなにボリューム満点のランチコースが3,900円でいただけるなんてコスパ最高だと思います◎
ディナーの時間帯だと、プライムステーキ(2名分)だけで16,000円もするんですよ~!
記念日ランチにオススメのレストランです♪

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました