十津川温泉・静響の宿「山水」の夕食&朝食レポート~2020年8月・子連れ旅行~

国内

2020年8月末、奈良県の十津川温泉にある「静響の宿・山水」に宿泊しました。

 

旅の楽しみ=食事といっても過言ではありませんよね♪

山水は、夕食も朝食もとってもおいしいお料理だったので、それぞれ詳しくレポートしたいと思います。

 

スポンサーリンク

十津川温泉・静響の宿「山水」の夕食&朝食レポート

「山水」の夕食

食事会場

夕食も朝食も、こちらの食事処(半個室)でいただきました!

 

メニュー

今回は、「熊野牛コース」と「国産鰻コース」で予約していました。

こちらは夕食のメニューです。

  • 先付け
  • 前菜
  • お造り
  • 替鉢
  • 鍋物(熊野牛のしゃぶしゃぶor鰻鍋)
  • 揚げ物
  • 強肴(熊野牛のステーキor鰻の蒲焼き)
  • ごはん
  • デザート

 

熊野牛コースも国産鰻コースも、鍋物と強肴以外は同じメニューでした。

 

 

先付け・前菜・お造り・替鉢・揚げ物

地物・鱒のお造りや、手作り胡麻豆腐、みかん鶏の燻製など、十津川らしいお献立です。

女子はちょっとずつ色々と食べられるのが嬉しいですよね。

盛り付けもキレイです◎

 

朝どれトマトのとろ~りチーズ焼き。

 

きのこと野菜の天ぷら。

揚げたてサクサク!

 

鍋物

こちらは熊野牛コースのしゃぶしゃぶです。

 

熊野牛、やわらかくっておいしいお肉でしたよ!

 

こちらは国産鰻コースの鰻鍋です。

鰻と言えば”蒲焼き”しか食べたことがなかったのですが、お鍋もおいしい!

鰻も脂がのっています◎

 

強肴

熊野牛のステーキです!見るからにおいしそう~♡

バターをひいて、自分で焼いていただきました。

ソースは自家製味噌ダレでした。

めちゃくちゃおいしかったです!(わさび醤油で食べたらもっとおいしかったかも!)

 

こちらは鰻の蒲焼きです。

鰻を焼いた香ばしい香りと、テリテリのタレがたまりません~♡

以前、”この鰻がイマイチ…”という旅行ブログを見ましたが、わたしたち家族はとってもおいしくいただきました!

いつも食べている鰻屋さんの鰻は炭火でこんがりと焼いたものですが、山水の鰻はふんわり系。

これはこれでおいしかったです◎

 

 

ほかほかごはんにのっけていただきました!

これは絶対おいしいやつですねー。

ちなみに、山水のごはんは湧き水で炊いているんだそうです◎

 

デザート

こちらがデザート。

子どもに食べられてしまったのですが、杏仁豆腐だったかミルクプリンだったか、ふるふるのゼリーでした♪

 

添い寝の子ども用の夕食

今回、次女は添い寝(無料)で予約していたのですが、白ご飯+ふりかけ+ジュースを出していただけました。

しかもご飯はおひつごと!

炊きたてごはんがとっても美味しかったようで、次女は3杯もおかわりしていましたよ~!

小学生の長女は大人と同じコースを頼んでいたので、次女のおかずは長女の会席から取り分けました。

最後にはみんなお腹ポンポンになっちゃいました。苦しいけどしあわせ…♡

 

 

「山水」の朝食

こちらが朝食です。

メニューは、ごはん、お味噌汁、鮎の干物、だし巻き卵、野菜の煮付け、キンピラ、ひじきの炊いたん、温泉卵、お漬物です。

 

鮎とちくわは網でさっと炙っていただきました。

鮎の干物がとってもおいしかったですよ~!(写真を見てたら思い出してヨダレが出そう…)

「鮎の一夜干し」、お土産に買って帰ればよかったーと今更後悔しています。

 

 

湧き水でたいたごはんに、温泉卵をのっけて”卵かけごはん”にしました♡

朝からしあわせ~!

 

こちらは添い寝・次女の朝食です。

添い寝は無料なはずなのに、だし巻き卵、お味噌汁、ごはん、ふりかけ、ジュースまで出していただいていました!感謝です!

 

さいごに

「山水」の夕食&朝食レポート、いかがでしたか?

地物のお肉や魚、野菜をつかったお料理は、どれもとってもおいしかったですよ~♪

”お料理に湧き水や温泉を使用している”のも、すごく贅沢だなぁ~と思いました。

 

今回は熊野牛と国産鰻のコースを予約していましたが、他にもスッポン会席や、十津川ならではのジビエ会席なんかもあるそうです!

お好きな方は是非!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました