辰口温泉「まつさき」宿泊記。食事がおいしくて、子連れにやさしい旅館でした!

国内

2018年7月、石川県にある辰口(たつのくち)温泉「まつさき」に宿泊しました。
辰口温泉は、金沢まで車で30分ほどの場所にあり、
”金沢観光も温泉も、両方楽しみたい”という私たちにぴったりの旅館でした

また旅館には貸切風呂があったり、個室の食事部屋を用意していただけたりと、子ども連れでも快適に過ごすことができました♪

それでは、金沢・辰口温泉「まつさき」を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

辰口温泉「まつさき」 宿泊記

・辰口(たつのくち)温泉ってどんな温泉地?

辰口温泉は開湯1400年といわれる、とても歴史のある温泉地です。

温泉は「ナトリウム泉・弱アルカリ性」のなめらかなお湯でした♪

辰口温泉の旅館は、「まつさき」を含め3件あるそうです。

 

・老舗旅館「まつさき」

「まつさき」は江戸時代創業の老舗旅館です。
 そして本館、新館それぞれに専用の厨房があるという、お料理自慢のお宿でもあります

まつさきでいただいたお料理は、後ほど紹介したいと思います!

基本情報

〇チェックイン/アウト 14:00/11:00
〇住所 石川県能美市辰口町3-1
〇電話 0761-51-3111
〇アクセス JR「小松」、「松任」駅より送迎バス20分(※送迎バスは要予約)
〇駐車場 無料
〇公式サイト https://www.matsusaki.jp/

 足湯

旅館の入り口には足湯がありました。
足湯にはタオルがちゃんと用意されていましたよ~♪
旅館の心遣いを感じますね。

 

客室(本館和室)

まつさきは、本館と新館にわかれており、今回私たちは本館・和室に宿泊しました。
(ちなみに新館は全室露天風呂付きなんだそう!贅沢!!)

チェックインすると、お部屋には子ども用のお昼寝布団が用意されていました~!
普通の旅館は、夕食後までお布団を敷いてもらえないですよね。
ちょうど下の娘のお昼寝時間だったので、本当に、とっても助かりました!!
(床の間の前に、見えるでしょうか?)

あと、お茶菓子に出していただいた旅館特製の”栗蒸し羊羹”がとってもおいしかったです♡
手づくりの、上品な甘さの羊羹でした。

お部屋は二間つづきの広いお部屋でした♪
子ども達は広いお部屋がうれしくって探索中です。

 

こちらは子ども用の作務衣。
「まつさき」だけあって、松の葉&松ぼっくり柄のかわいい作務衣でした♡
子ども用にと、タオルとハブラシが入ったアメニティセットも用意してありましたよ。

 

大浴場・展望露天風呂

まつさきには本館と新館それぞれにお風呂があります。
本館1階には大浴場と露天風呂が、新館5階には展望露天風呂がありました。
本館に宿泊しましたが、新館の温泉も利用できましたよ♪

お湯は源泉100%!

公式サイトによると、”弱アルカリ性ナトリウム硫酸塩・塩化物泉で糖尿病や肥満症、冷え性、婦人病、健康増進に効果がある”そうです。
本館1階の大浴場には、少しぬるめの”源泉そのままの湯船”(36.5℃)がありました♪
子ども達はすぐに「あついあつい!」と出たがるので、ぬるめのお風呂はすごーく助かります。

新館5階にある展望露天風呂は、広々とした檜造りのお風呂になっていました。
7月でしたが、露天風呂には屋根がついていたので陽射しも気にならず。
露天風呂は風が通りぬけて気持ち良かったです。

 

貸切風呂「雷鳥」 (1回50分、無料)

まつさきには貸切風呂もありました!
内湯と露天風呂付の貸切風呂です。
貸切なのに、2つもお風呂があってとっても贅沢なつくりですね

しかも、こちらの貸切風呂は無料なんですよ~♪
これは子連れ旅には嬉しいポイントですよね!!
大浴場では、どうしても他のお客さんに気をつかってしまうので…。

貸切風呂は1回50分で、申し込み順に利用できるということです。(宿泊の予約時から申し込みできるそう!)

 

夕食(個室)

旅行の一番の楽しみは、おいしいお料理ですよね!
まつさきの夕食は、 味はもちろん、見た目もとっても美しい懐石料理でした。

JTBの旅館アンケートでは、夕食の点数が91点と高評価!(JTBのアンケートで90点を超える評価は、相当期待できます!!)

 

八寸は”うちわ型”の器にもりつけられ、夏らしさ満点♡
見た目はもちろん、味も◎です。
料理長の気合が感じられる八寸でした!

 

こちらも夏らしい椀物です。
すだちの香りがさわやかで、お出汁がとってもおいしかったです♪

 

お造りの盛り合わせ。
さすが石川県、お魚はどれも新鮮っ!! 石川県民うらやましい~。

海老は、シマシマ模様が特徴的な”キジ海老”。
初めて食べました!
ぷりぷりで、とっても甘~~~い!!

bon
bon

おいしすぎて、大人げなく夫の海老までもらっちゃいましたよ…おいしかった!

 

こちらは、ハスの葉に盛り付けられた冷たいお素麺です。
なんて素敵な器なんでしょう♡
後で紹介しますが、まつさきは夏になると”お庭のハス”がとても綺麗なんですよ。

 

鮎の塩焼き。
家ではなかなか食べられない鮎。(小さいのに高いから!)
じっくり味わっていただきました♪

 

トウモロコシごはんとお味噌汁。
季節ごとにご飯の具が変わるのかな♪
子どもたちが喜んで食べていました。

 

デザートは見た目も涼し気なフルーツゼリーでした。
満腹!ごちそうさまでした!!

 

朝食

こちらがまつさきの朝食です。
真ん中にあるのは、あんかけのお粥。
甘いお醤油ベースのあんがかかっているので、つるつるっと食べられちゃいます。
もちろん、白飯も用意されていますよ。
他にも温泉で作った温泉卵や、カレイの干物、小鉢など朝からごちそうでした!

 

ちなみに、夕食も朝食も個室でいただきました。

子どもたちが大きな声でおしゃべりしても、食べ終わってウロウロし始めても、個室なら安心です♪
子供用のお料理ですが、小学生低学年の娘はお子様膳、添い寝の娘にはおにぎりを3つ+お味噌汁を出していただきました。

 

 お庭

まつさきには、こんなに立派な日本庭園があります。
私たちが訪れた7月中旬には、ハスが見ごろをむかえていました。
まるで極楽浄土のようなお庭でしたよ~♡

家族写真を撮るなら、是非このお庭で!

 

公式サイトによると、例年6月初旬から睡蓮が、7月初旬からハスが咲き始め、8月いっぱいまで楽しめるということです。
お庭にはカエルがたくさんいたので、子どもたちは楽しそうに追いかけていました♪

 

池にはコイも。
渡り廊下にはエサが置かれていたので、子ども達はコイさんにまいてあげていました。

・さいごに

金沢・辰口温泉「まつさき」、いかがでしたか?
金沢駅周辺には温泉旅館がなかったので、辰口温泉に宿泊することになったのですが、大満足のステイとなりました♪
まつさきは、「温泉がいい・ごはんがおいしい・子どもにやさしい」素敵な旅館でした!
金沢観光の際には、辰口温泉「まつさき」オススメですよ~♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました